Ramen おこじょ

DSC_1266.jpg

新潟市にある「Ramen おこじょ」に行ってきました。
Ramen おこじょ(以降、おこじょ)
住所 新潟県新潟市西区小新西3丁目3−1


DSC_1267.jpg

ラーメンパスポート(ラーパス)で紹介されているお店です。
ラーパスで紹介されている「青森風煮干し中華そば」とは一体どんな味わいなのか、個人的にかなり気になっているお店です。
午後7時ごろ到着。
お店に入ると右手に発券機があります。
「青森風煮干し中華そば」を購入。
食券を渡すとカウンター席に通されました。
大人しく待ちます。

お冷・おしぼりはセルフサービスで、お冷は水と烏龍茶が選べます。
お店に1人のお客さんがおり、ラーメン屋さんの夜の客入りはこんなものです。
お店は女将さんのような女性が1人で注文を取っているようです。
カウンター席から厨房の様子はよく見えます。
先ほどの女性の息子さんでしょうか、まだ若いように見える精悍な顔立ちの男性が1人で腕を振るっているようです。

しばらくすると「青森風煮干し中華そば」がきました。
DSC_1264.jpg

麺は細麺です。
DSC_1265.jpg

早速いただきます。
まずスープを一口、明らかに魚介系と分かるスープです。
煮干しの風味と分かりますが、煮干しだけでこの風味が出るのだろうかと思えるくらい、複雑な風味と味わいですが、雑味はありません。
色合いからガツンと来る風味と思っていたのですが、濃厚ですがまろやかな一面もあります。
さらに魚粉などが交ざっていると思っていたのですが、ザラっとした舌触りは一切なく、独特ではありますが結構飲みやすいスープです。
続いて麺を一口、独特な食感の麺です。
ラーパスによると「胚芽ロースト」を使用した麺とのことです。
独特なスープとの相性はなかなかです。
トッピングは「ねぎ・メンマ・煮卵・チャーシュー」です。
チャーシューは肩ロースだと思いますが、鶏チャーシューのような印象もあります。
「青森風煮干し中華そば」と名前がついているために、魚介系煮干しを使ったスープと分かりますが、名前を隠されたら何のスープだろうと思うくらい複雑で美味しいスープです。
「青森風」というラーメンを始めて食べましたが、確かに新潟県内ではなかなかお目にかかれない一杯であり味わいです。
私のイメージでは、もっとガツンとくる風味で、ドロッとしたようなスープかと想像していたのですが、真逆とまではいかないまでも、強烈なパンチはなく、誰にでも受け入れられるように丁寧に作られた一杯だと思います。
イメージと違うためにちょっと戸惑う(?)ところがあり、美味しいとは思いますが好き嫌いが分かれるかもしれません。(上から失礼)
元々「青森風」なため、知識がなく、食べなれていないというのも理由の一つだと思います。
「おこじょ」さんのメニューは「純のどぐろラーメン」や「札幌MISO」があり、地方に特化した独創的なラーメンを提供しているようです。
「札幌MISO」はかなり濃厚な味噌ラーメンのようなので、今度食べに来ようと思います。

さくら個人的評価
青森風煮干し中華そば  700円
お勧め度(5段階で)
★★★
(かなり悩んだ評価です)

最後に発券機のメニューをパシャリ。
(撮影許可はいただいています)
DSC_1262.jpg

この記事へのコメント

スポンサーリンク